季節ごとにケアの仕方が変わる私のお肌

Posted by kajisigoto - 12月 3rd, 2014

私は普段あまり美容は気にせず生活しています。基本的なスキンケアだけで十分だと思ってしまうんですよね。
真夏なんかは特にべたべたと化粧品を使おうとは思いません。

汗ですぐ流れてしまうとわかっているからです。普段自転車に乗ることが多い私は、常に汗をかいているという生活を送っています。冷房が効いているところに行けば当然汗も引きますが、家では節電のために極力冷房を使わないようにしていますし、いつでも冷房のきいているところにいられるわけでもありません。

だから常日頃から汗の心配をしなくてはならず、化粧どころではないのです。最近は汗に強い化粧品も出ているようですが、私にとってそれは汗を止めてしまうイメージが強く、体に悪いと思って使おうとは思わないのです。簡単なスキンケアさえこなしていれば美肌を守れるだろうと思って普段生活しています。

それでも汗のおかげで顔がべたべたになり、肌荒れを起こすこともしょっちゅうありますね。スキンケアと言っても結局汗で流れることが多いですし、私は女性であることも忘れて、とにかく夏は汗を流しっぱなしにしています。

その分冬は念入りにケアしていますね。冬は乾燥が厳しいですから、保湿をすることに最大限パワーを使って、乾燥肌を防ごうと思っています。メイクはナチュラルにこなして周囲の人に不快感を与えないようにしています。

私の顔は夏と冬で全く違うことになっていると思います。夏はほぼすっぴん、冬はナチュラルメイクと、季節によって変わる私の顔を見て友人たちはどう思っているのか、とても気になるところではあります。

靴下とストッキングと

Posted by kajisigoto - 11月 11th, 2014

ウォーキングシューズを履くので、私は靴下が欠かせません。
そう言えば、使い物、お礼などで、男性の靴下を購入して
お送りすることもあります。男性の方が靴下を必要とされることが多いでしょう。

女性は、ストッキングの方が多いので、実用的な靴下ではなく、いかに自分の足を美しくみせるか、ファッションを考えると言うことです。

私も、さすがにデートに行く時は、靴下、ではなく、ちょっとかわいい模様があったり、装飾がされたストッキングを探してきます。

最近は、ドットや、網や、リボン付き、脚のお洒落を考え、見せることに重きをおいたストッキングが多いです。私も、紐できゅっと結んである感じの物がお気に入りです。お出かけにはラメの入ったストッキングもはきます。

普段は専ら歩くことを健康上考えますのでウォーキングシューズを履いていますが、
ウォーキングシューズを履くには、丈夫な靴下が良く、厚みがあると歩きにくいので、薄くて丈夫な靴下を探すことになります。

靴下もストッキングに負けていません。色々な色柄があるために選ぶのに迷ってしまいます。面白いな、と感じるのは、
ポケットにしまうハンカチは高価で、商品の種類、変化が少ない印象があるのに、さすが、外の出て人目に触れる靴下はデザインはもとより見せるための工夫がファッションの観点からなされている点は注目すべきだと言えるでしょう。
私も靴下売り場に行くことが多いので、そこで季節を感じることもしばしばです。

そこで素材の勉強をどれだけしたかしれません。

この世で一番好きなものはクリーム

Posted by kajisigoto - 10月 7th, 2014

私が毎日飽きないで食べられるものと言えばクリーム。
もはや食べ物ではなく飲み物のような気もしますが、とにかく何でもいいからクリームの入ったスイーツを食べるのが大好きなんです。

たとえばシュークリーム。シュークリームって皮を除けば中のクリームしかありませんよね。
そのシンプルさが私のツボにはまってなかなか抜け出せません。毎日デザートに食べても飽きずに買い続けるでしょう。

それにシュークリームは中身を変えるだけで色々な種類の商品が生まれてしまうから面白いです。中のクリームの味がちょっと違うだけで別の商品のような感覚がしてくるんです。シュークリーム好きとしては色々なクリームを堪能したいですし、できることならば皮とクリームで別々に食べるという器用な食べ方もしてみたいです。

クリームは王道のホイップクリームかカスタードクリームがいいでしょう。最近はどちらも入っているツインのシュークリームもあり、私としては幸せすぎて何個でも食べたくなっちゃいます。

あとクリームの入ったスイーツで好きなのがロールケーキ。こちらもたまりませんね。スポンジとクリームの相性はシュークリーム以上です。ロールケーキこそが私の本当の好物だと思っています。
できればロールケーキがぐるぐる巻いてあるやつではなくて、スポンジの中央にクリームがどかっと入っているものが食べたいです。その方がクリームを思う存分堪能できますよね。

ロールケーキって高級なイメージがあってなかなか食べられないから残念。いつか思う存分高級なロールケーキを食べてお腹を満腹にしたいです。

友達との楽しい1日

Posted by kajisigoto - 9月 1st, 2014

先日、小学生の時から仲良くしている友達と久しぶりにランチとショッピングしてきました。
お互いになかなか忙しくてここしばらくは会えていなかったのですが、たまたま休みが合ったのでランチとショッピングすることに。

お昼前にショッピングモールで待ち合わせして、ランチ時は混みそうなので少し早いけれど先にランチすることにしました。
どこのお店にしようか迷いましたが「オムライス最近食べてないわ~」という話からオムライスのお店に決定。
すぐに席に通されて、メニューと睨めっこ。

この時はお互い無言で、端から見るとちょっと怖かったかもしれません…。
たくさん種類があって迷いましたが、私はクリームソースのかかったオムライス、友達はデミグラスソースのオムライスにしました。

しばらく友達と雑談しながら待っていると、オムライス到着。卵がふわふわで美味しい!
自分では上手にふわふわ卵に出来ないので、久しぶりのふわふわ卵に大満足でした。

その後は、サマーセール中のショッピングモール店内を片っ端からチェックしていきました。
友達も私もオシャレするのは好きだから、話も弾んで楽しかったです。

お互いにアドバイスし合いながら洋服を選びました。似合ってないものはハッキリ言ってくれるので、とても信頼しています。
小学生の時からの付き合いでとても仲が良いですが、親しき仲にも礼儀ありといった感じで程よい距離感を保てているので、とても貴重な友達だと思っています。
とても楽しい1日でした。

減った髪の毛は増やすのが大変だけど

Posted by kajisigoto - 8月 8th, 2014

最近、頭が気になって仕方ありません。人のプロフ見て、年齢からすれば、髪の毛に不足はないと思います、などという文章を見て、笑うに笑えない状況です。

男性でも女性でも、髪の毛はみんな気になるはずです。80近い高齢の方だって、今日のヘアスタイル、
おかしくないかしら、などと言うのですから、いかに髪の毛が重要かがわかります。

以前、海外の方が日本人の黒髪を賛美している文章を読んだことがありますが、私は、豊かな黒い髪の毛は、平安時代の女性美の印象があり、これは絶対に譲れないと思っています。もちろん、ブラウンや、ブロンドが嫌いなのではなく、それはそれで現代感覚、ファッションセンスがあって素敵だなと思います。

私は、毎日、鏡を見て、いかに髪の毛を増やすか、いや、多いように見せるか、ふんわりさせるかを考えます。
髪の毛を洗うたびに抜ける髪の毛も、抜けるには、それなりに理由があるようにも感じます。

頭皮のケアを考えながら、トリートメントをかき集めます。ないと思っていたトリートメントも洗面台を掃除したために発見しました。

地肌ケアなんて考えたこともなかったけれど、髪の毛の大元は地肌であることを思い出し、今頃になって一生懸命に整えることを思いつくのですから、友人に言わせれば、遅い、の一言でしょう。

髪の毛をこれ以上切らない方が良いよ、と言われます。少ない上に、細い、上に短い、では、髪の毛が頭にのっているだけに思えます。
洗ってトリートメント、遅くても、減った髪の毛は増やすのは難しいけど、やらないよりずっと良いです。

ダイエット成功です

Posted by kajisigoto - 7月 25th, 2014

衣替えをした時におかしいなと思ったんです。
なんか夏服を着たときに、二の腕と太ももの付け根がきつく感じて迷わず体重計に乗ったら増えてたんです。

ここ10年の間、体重は変わらず若い頃の洋服も着てたのにシルエットも変なんです。
慌てて身体のサイズを確認するとそれほど変わってないのに計測場所が全体的に下がっていたんです。

改めて鏡を見て愕然としました。
冬場に初めて履いてお気に入りだったオーバーオールやサルエルパンツが私の身体を緩めていたみたいです。

これはマズいとダイエットを決意しました。

痩せるのはもちろん、弛んだ身体に渇を入れながら頑張ろうと思いダイエット開始したんです。
ダイエットと言えば食事制限です。
巷ではやりの楽チンなダイエットはしません。

私は怠け者なので楽を覚えるとすぐリバウンドするような気がするし、達成感もほしいから敢えて大好きな甘いものを禁止とし、野菜中心の生活を心掛けました。

野菜を沢山いれたポトフを小分けにして冷凍しておいて、ご飯は玄米を食べました。
甘いものが食べたくなった時は、カボチャやサツマイモを煮つけて潰して丸めたお団子を食べました。

砂糖の代わりに甘酒や蜂蜜をいれたけど、優しい甘さで良いです。
タンパク質は主に大豆から、納豆と豆乳は毎日とる様にして肉は鶏肉のササミや手羽先、魚は青魚を食べるようにしたんです。

余り偏った食事はしたくなかったので、それぞれ満遍なく食べて食べたものはメモしてました。

それと身体のたるみをどうにかしたいと苦手な運動も取り入れました。
お風呂あがりのストレッチとペットボトルに砂をいれてダンベル体操です。

骨盤を締めるパンツを買ったので寝る時に着けました。
引き締める効果はあってもキツくないから寝る時でも大丈夫です。

ウォーキングも正しい姿勢でやっていたら普段の姿勢も良くなりました。
1ヶ月続いてみたらなんと五キロの減量に成功しました。

洋服もすんなり入って嬉しい限りです。

アンダーヘアの役割と脱毛

Posted by kajisigoto - 7月 18th, 2014

毛深い方でも、体毛が薄い方でも、絶対に生えているのが「アンダーヘア」です。
腕や脚には全く毛がなくても、陰部に生えているのには、きちんと理由があります。

といっても、理由はとてもシンプルで、陰部を保護するためというものです。
顔や手足の皮膚のように厚みがありませんし、とてもデリケートですから、クッション的な存在で保護しているのです。

また、アンダーヘアは縮れていて、それは細菌やウィルスを絡め取って体内に侵入させるようにするためです。

普段の生活では、人に見せるような部分でもないですし、気にするようなことはないと思います。
しかし、水着になる時期には人目に晒されるので、毛がはみ出していたら恥ずかしいですよね。
それに、汗っかきだと蒸れやかゆみに悩むケースもあります。

ですから、季節的、体質的なことで、脱毛を必要とする場合が出てくるのです。

多くの方は、「どうせ、夏の間だけだから。」とか、「恥ずかしい部分だから人に見られたくない。」などの理由で自己処理をしている方がほとんどでしょう。

しかし、万が一陰部を傷つけてしまったらどうしますか?
それに、皮膚のダメージも相当なものです。
カミソリで剃ってケガをしたり、カミソリ負けしてかゆくなったり赤くなったりする可能性も考えましょう。

もし、どうしても自己処理をしたい場合は、肌にやさしい方法や、ケガをする心配がない方法で行いましょう。

一番安全且つ肌トラブルがないのは、脱毛サロンへ足を運ぶことです。
確かに、他人に見られる恥ずかしさもありますし、通う面倒くささもあります。
でも、それも数ヵ月~1年程度の期間のみです。
一生、肌を傷つけ続けるよりもはるかに意味があるものだと思います。

恥ずかしさや不安がつきものですが、女性専門のサロンだったら、それでもだいぶ気持ちは軽くなると思います。
そこで、おすすめなのが「脱毛エステ」。
施術スタッフも、カウンセリングスタッフも、対応してくれるのはすべて女性です。
しかも、通うことができるのも女性のみの、完全女性専用脱毛サロンがあるんです。

私もまずはお試し予約、入れてしまいました。
アンダーヘアの脱毛を綺麗に出来たという方のHPを見て私も行ってみたくなったんです。
 
ミュゼ口コミのHP
アンダーヘアいわゆるVIOは12回くらい脱毛をすると綺麗になると書いてありました。
私もそれくらいを目安に通ってみたいと考えています。

ようやくニンニクを収穫しました

Posted by kajisigoto - 7月 16th, 2014

去年の秋に植えたニンニクの収穫時季を迎えました。
今日ようやくニンニクを収穫しました。

本当は、梅雨に入る前に収穫するべきでしたが、去年の秋のニンニクの植え付けが遅くなったため、梅雨に入るまでには収穫出来ませんでした。

色々野菜を栽培していますが、一部の野菜は旦那の実家の畑を少々借りて栽培しています。
ニンニクは旦那の実家の畑で栽培していました。

ニンニク栽培は一昨年の秋に植えたのが初めてで、去年の秋に植えて今日収穫したのが2回目になります。
去年の収穫が大成功でたくさん収穫することが出来たので、去年の秋は少し数を減らして植え付けました。
ジャンボ、無臭、普通のニンニクの3種類を植えました。

一昨年は私が植えると言って、旦那にマルチを張ってもらい、色々手伝ってもらいつつも私が植えて管理をしていました。
春にはトウが立ち始めるので、トウを切り取らなければならないけど、花が咲く前に切るために旦那の実家へ行くたびにチェックをし、全部花が咲く前に切り取ることが出来ました。

その後も旦那の実家へ用があって行くたびに、ニンニク栽培している畑を見回り収穫時季を見計らっていました。
そして、私が収穫しに行き、夕方だったので仕事が終わった旦那も手伝ってくれ収穫して帰宅しました。
今日収穫したニンニクも、私が各品種何個ずつ植えると言う感じで計画を立てていたんですが、なかなか旦那の実家へいいタイミングで行くことが出来ず、実家で働く旦那に植えてもらいました。

きちんとマルチも張って、初めての時一緒に作業したから覚えていたようで、きちんと植えてくれました。
その後の管理も、春頃時々チェックをしていたけど、結局はほとんど旦那任せになってしまい、今回は収穫も旦那にしてもらいました。

梅雨なのでいつ雨が降るかわからないので、ここ数日天気が続いているのでいいタイミングで収穫出来ました。
さっき収穫した物を届けてくれたけど、今回は発芽した段階からちょっと問題があって、収穫出来ても小さい物が多いだろうなと思っていたけどやっぱり小さい物が多い感じがします。

まだ1つを割ってみて1片がどれくらいの大きさかチェックしていないけど、パッと見た感じでは小さい感じがしました。
ジャンボニンニクが失敗に終わってしまい1つも収穫出来なかったのがすごく残念でした。

でも、先日実家の畑に未収穫のジャンボニンニクがたくさんあったので、秋に種蒔き用として少し母にわけてもらってリベンジしようと思います。